まずは知っておこう、不労所得

まずは知っておこう、不労所得

誰もが「働かずして稼ぎたい」なんて思ったことありますよね。

ゴロゴロしてる間に収入が得られることが嫌だという人はいないと思います。

その不労所得はそもそもどんなものなのかご存じですか?

その種類、仕組み、知っているようで知らない人が多いと思いますので僕も調べてみました。

マネコンHPへ

不労所得とは

不労所得とは利子・配当金・家賃・地代などのように、自分自身で働くことなく得られる収入のことです。

これはどなたも何となくは知っていることでしょう。

ただ全てのものが必ず収入を得られるとは限りません。

特に株の配当金や家賃収入は安定しにくいそうで、どの株式を購入すれば良いのか、どの物件を購入すれば安定した入居が期待出来るかなど見極めたり情報収集をする必要があります。

そのものを購入しているからお金が入ってくるといった絶対的なものはありません。

雇われていれば働いた分収入は得られますが、この場合は株や物件を持っているからと言ってもその分が確実に収入として得られるとは断言出来ない怖さがあります。

YouTubeで動画配信の場合は広告収入ですし、動画を撮って編集してという作業を考えれば「不労」とは言えないところです。

マネコンでもYouTubeを活用して収入を得ますが、YouTuberのようにネタを探して動画を撮って編集するなどの作業はありません。

最新テクを駆使しますので、YouTubeでの本物の「不労所得」はマネコンだけです。

代表的な不労所得

株式投資

投資は不労所得を得られる代表的な方法です。

中でも株式投資は未経験者でも比較的手軽に始められると言われています。

しかし株価は上昇するとは限りません。売却できるまでに時間を要することもありますし、株価の動きを常に監視する必要もあります。

大きな収入を得られる機会はありますが、それと同等に大きな額を損することもあります。

常に勉強が必要になってくるところです

不動産投資

まずは土地や建物を購入しなければなりません。購入する際にはそれが収益を得られるものかの見極めが必要です。

購入したら終わりではなく、入居者付け・建物の維持管理などの手間と費用がかかります。委託するのもありですが、それにもお金はかかります。

波に乗ってしまえば上手く収入を得られると思いますが、初期費用がかなりかかりますので誰でも出来るものではありません。

それを回収するまでに時間もかかりますし、選ばれた人しか出来ない不労所得というイメージです。

印税収入

本の出版により印税を得る方法です。

著作権の使用の対価として出版社などから得られる収入ですが、一般人が本を出すのは容易なことではありません。

生活を支えるだけの印税が得られるのは書籍が点灯に並び、何万部・何十万部という売り上げがなければ得られません。

執筆するには時間も必要となりますし、文章力や専門知識も必要となります。そして書いたからと言って売れるという保証もありません。

何か賞を受賞して初めてスタートラインに立てるくらいハードルは高いものです。

広告収入

自分のブログに広告を掲載したり、動画配信サイトに動画広告を掲載して収入を得る方法です。

閲覧数が多ければ多いほど広告媒体としての価値が高まります。

閲覧数を増やすには配信内容が魅力的だったり、SNSで話題にならないとなかなか増加しません。

動画の制作に時間もかかりますので、想像以上に手間がかかる方法かもしれません。

今数多くのブログや動画チャンネルが存在していますので、新しいことをやらない限り0から勉強して取り組むのはハードルが高いでしょう

ポイント投資

他の不労所得と比べればあまり耳にしない言葉ですけど、各企業が提供しているポイントを使って投資信託などの資産運用を行えるサービスです。

日々の生活で貯まったポイントを投資に回すことで運用益を狙えます。

Tポイントなどが代表的なところですね。

ただし月額利用料などがある場合もあります

マネコンHPへ TOPページを見る